FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学童からのお話(2)

(1)のつづき。

そういう話をした2日後、また学童の方からお話が。

■言葉が乱暴である

スタッフの方や、他の子達に対しても、言葉が乱暴で、御自宅でもそうですか?と。

「うっせーよ!」とか「はやくいえよ!」とか言うのだそうで・・・

ちびさむ、自宅ではそういう言葉は使いません。それは、私は主人が叱ったり怒ったりする

からなのですが、感情がコントロールできない時や、興奮すると、ぽろっと出る事があるので

そういう傾向はあるんだろうなと思ってましたが

そこまでひどい言葉を言ってたなんてとがっくりきました。

保育園の時からそういう話は聞いてましたが具体的にどのようなことを言ってるのかは

あまり聞かなかったのと(包丁で刺すぞ!というのがあったな・・・そういえば)

内と外で態度がまるきり違うので、家の中ではいい子ちゃんでも

外ではいじめをしたり、実は乱暴者(ジャイアン)みたいないやーなタイプだなぁと思いました・・・


■注意をすると、不機嫌になる

学童では、壁に、まずやってきたら連絡帳を出して、宿題を出して、と言う風に

やるべきことの順番が絵で貼ってあります。

先日、ちびさむは連絡帳を出さずに、真っ先に宿題を終わらせようとしたそうで

連絡帳を出さないといけないよ、とスタッフの方が声をかけたところ

不機嫌になって、連絡帳コーナーにつっこんでいって、ばらばらノートを落としたのだそう。

多分ちびさむ的にはやりたくない事を先にやって、義務をはたしてやろうとしていて

褒められたっておかしくないのに、まずはこっちでしょ、と指導員の方に水を差されたことで

怒りが噴出したんだろうと思います。そういう気持ちは自分もわかるのですが、

怒りをあらわにしすぎだよなと。学童の方たちは皆、優しいので、抑制がきかないというのが

間違いなくあるんだろうと思います。自宅で同じ事を言っても、不機嫌になっても物にあたったり

怒りを体現したりしません。それは、私が叱るからです。

こういうのって、どうしたらいいのかなぁと思います・・・

■厳しく叱るようにする

■尊敬する、または怒らせると遊んでくれなくなるお兄ちゃん、お姉ちゃんが

目を光らせる

■怒りをそのまま口に出させる

■怒りを感じた時にその理由を考えさせ、自分の気持ちを説明させる

等考えましたが、

この話をした時に、メガネクンが

「宿題が終わった後になんで連絡帳を出してはいけないの?」

と聞いてきました。いや、だって、そういうルールだし、と、どんだけちびさむの行動に肩入れするんだと

びっくりしましたが、確かに、どうしてそういうルールなのか、をちびさむは理解していないのかも

しれません。

多分、しっかり日常の様子が書かれている連絡帳なので、最初に提出してもらいたいという学童側の意向が

あるのでしょう。

ただちびさむにはそういう事情は説明されてなければ推測もできず

(普通の子も推測はしないでしょうが、ルール化されていることに疑問は持たず、

そういうもんなんだ、とルールを守るのでしょう。)

A→B→C→D の順番を B→A→C→D でもいいじゃん?と思っていたのかもしれません。

ひょっとしたら、この順番なのは1つ1つ理由があって、それをやらないと誰かが困る、ちびさむが困る、

というのを具体的に説明があれば、順番を守っていたのかもしれません。

が、そんなの、いちいちやってられないですよね。

世の中にはルールがあり、それにはちゃんと理由があるんだけど、それを1つ1つ説明して

自分や他者に被害や不利益があるんだということを当事者意識としてわからせないと

ルールが守れないなんて、面倒すぎる。

例えば、「運動会」なんてルールや順番だらけです。しかし、それは子供に説明してもぴんとこない

「大人の事情」でくまれたプログラムもあるでしょう。こういう時どうしたらいいのか・・・

ちびさむは自分の中で、これは省略してもいい、これは重要ではない、ということを

勝手に判断するところがあります。私もそういう傾向があるんでわかるんですが、

空気を読む・全体を見るという能力があれば、要領の良さにもつながる特徴なんですが

ちびさむは空気が読めないので、今のところ悪しき癖でしかありません。

幸運な事に、学童の方はできるだけ、ちびさむの特徴に寄り添い、

サポートしていこうとしてくださっています。この幸運な環境を生かして、なんとか成長を促していく

必要があると思います。
スポンサーサイト

コメント

乙です!

お疲れさんですー。
入学直後、大変ですよねえ。我が家の場合、

★本人がルールに慣れていない
★周りの同級生も慣れていない
★先生方も新しい環境で目が届かない
★保育園よりサポートが減ってる

というのがありましたね。特に同級生も、というのがキモで、関係者全員の緊張感が、特性のある子の周りで発現しやすかったです。

うちもクラス替えでひいひいしてます^^;

No title

>ママリーゼさん
周囲の人たちも慣れない環境でわたわたしているところで、
特徴のある息子が落ち着いて過ごせるわけがないんですよね。
少しずつ皆が落ち着いてくれば・・・と思いつつも
そうなるといよいよ特異性が同級生の目に付きやすくなるのかなぁ・・・という不安も。
自己肯定感を失わないように、楽しく過ごしてもらうために、出たとこ勝負で見守っている毎日です。神経質になりすぎているのか、もっとケアをすべきなのかも、わかりません。
長い目で見ないと結局わからないことなんですよね・・・

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

someandu

Author:someandu
ずぼら母の成長記録と子供たちの育児記録。2009年9月に息子を出産(多動BOY☆)、2013年1月に娘を出産しました。現在フルタイム兼業。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。