記事一覧

GW記録。潮干狩りにいってきた2

前回の続き。

「おかーちゃん・・・寒い」といいつつも、カニやヤドカリに夢中なちびさむ。

でも、かわいそうでした。1時間くらいいたでしょうか。

もうそろそろ引き上げた方がいいのかなぁと思っていると

メガネクンが堀場から戻ってきて、バトンタッチされたので、また掘るか、と折りたたみ椅子を

もって、もっともっと沖へ。

まーーー、それにしても、みんな随分歩くよなぁ・・・岸からもう400メートルは離れたぞ・・・

かなり先頭集団のところまできて、なんでここまでくるんかね、と思いよっこらせと

てきとーに水溜りをほったら、これがアホのようにあさりが出てくる。それほど大きくはないんだけど

ごろごろごろごろごろ、砂じゃなくて、アサリ掘ってるんじゃないか?ってくらい。

?!なんだここ・・・

ふと周りを見ると、みんな大量に掘ってる上に、中ぐらいのやつはもうほったらかし、

貝塚みたいになってました。ぎょえーーなんだここ!!!

「きゃー、すごい!」「ここすごい、落ちてるな」(そう、もう砂の上に落ちてる)

と興奮している家族連れ。

多分、猟師さんが籠ごとひっくり返して撒いたんじゃないかな。。。というくらい

ばら撒かれていました。

さっきまで1つ2つあって大騒ぎしていたのがアホらしいレベル。そうか、ここが本拠地なんだわ。

もうさっきまで拾ったあさりは捨てて、ここでなるべく大きなものを抽出して拾うという作業に。


もう掘る、というより拾う、という感じでした。

で、もう少し沖にも人がたくさんいたんですが、多分そっちははまぐりがあったんじゃないかなと予想。

でも、あまり子供たちとメガネクンと離れるのも大変なので、はまぐりはたまに出る

ご褒美ということで・・・あさりを主にとりました。

DSC_0031_mini.jpg
で、とろうと思えばいくらでもとれるんですけど、5キロという制限があるので

悩んだのは、その重さ・・・米袋1袋くらいだよなぁ・・・

オーバーすると追加料金1キロ当たり800円を払わなければなりません。

だからといって、じゃあ減らします、というわけにはいかず、必ずお持ち帰り(買取)ください、という

決まりになっているという。(確かに沖にまで返しにいくのも・・・)

DSC_0036_mini.jpg
ここでとったあさりの重さを計ります。

プロい人たちたくさんいました・・・つくづく思ったのは、バケツじゃなくて、みかんネットみたいなのが

ベストということ。バケツも重さに含まれますからね。

で、はかったらなんと、4.5キロw

結構いい線いってました。オーバーしなくてよかったわ・・・


ただ参ったのは、あさりの砂吐き。

海水をひたひたにして、あさり同士が重なり合わないように器に入れて、真っ暗にする必要があるんですけど

4.5キロのあさりを入れる器なんてありません。ぶっちゃけ、お風呂の湯船を使わないと無理なくらい。

バケツやらボールやら使いましたけど、全然足りなくて、結局重なり合ってしまいました。

来年はお風呂を使おう・・・(そして私たちはスーパー銭湯にいく!)

というわけで、ろくに砂吐きが成功しないままだったんで、まーー、砂を噛んでる噛んでる・・・

おいしいんですけど、じゃりっとした食感に辟易しました。

あさりは、凍らせてOK、ということで、結構最近まで凍らせておいて、

バター炒めとかお味噌汁にしました。おいしかったです。ただ砂がね・・・汗


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

someandu

Author:someandu
ずぼら母の成長記録と子供たちの育児記録。2009年9月に息子を出産(多動BOY☆)、2013年1月に娘を出産しました。現在フルタイム兼業。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

カテゴリ

お便りなどこちら

メールお待ちしてます♪

リンク

検索フォーム