記事一覧

息子が怪我をさせた話

すっかり忘れていて、記事にする事もなかったのですが備忘録として・・・

昨年の12月、ちびさむは一番仲の良い女の子Kちゃんを押して、怪我をさせました。

それを知ったのはKちゃんのママからのLINE。

朝起きて、LINEが入ってたのでなんだなんだと読んで、いろんな意味で血の気が引きました。

Kちゃんのママとは親しくさせてもらっているし、何よりちびさむと一番仲の良い女の子。

社交性のない私は、Kちゃんママしか親しくしている息子の同級生ママはいなくて

そんな方からの報告は、いろんな意味でショックでした。

教室でおいかけっこをしていて、ちびさむが押して転んだようです。

怪我はたいしたことはない、心配は要らない、でも、これが道路とかだったらと思ったら

怖かったので、と書いてあり、あと普段からイタズラもあったり、ということも併せて書いてあって

ひたすらLINEで謝りました。

で、ちびさむを問いただしましたが、あまり明確な答えは返ってきませんでした。

で、てっきり担任の先生は御存じない出来事なのかと思っていたら、

担任の先生も見ていて知っているとKちゃんママ。

ちびさむの担任の先生は丁寧に色々な事を電話で報告くださるので

何でこの事を言わなかったのだろう?とちょっと不思議に思いましたが

先生の眼から見てあまり大したことではないと判断されたのかもしれません・・・

多分、KちゃんやKちゃんママは今までもいろんな事があったのだけど、我慢してくださっていたのだろうと

思います。(Kちゃんはともかく、Kちゃんママは大人しい静かな方です)

で、今回の事で思いきって報告してくれた・・・このまま、何も言わないで悶々とされるより全然いいので

言ってくださったことに感謝しました。


その日は正直仕事も手につかず・・・

帰りにちょっとしたお菓子を買って、誤りにいこうと思いました。

なんでこんなことを・・・、

これからもこういう事があるのか、

なんでこんな特性をもった子なのか、

いや、こういう事は特性の有無関わらず、男の子だったらあることなのかもしれない

でも、きっとこういう特性をもっているからこそずっと、きっかけさえあれば何度も起きるんだろう

考えれば考えるほど、気持ちがざわざわして落ち込んで、

職場の女性に思わず話をしてしまいましたが

その職場の女性の息子さんはちびさむより2つ下なのに、ちびさむよりすごく何でもできる子で

黙って聞いてくださったけど

話をした後であーあ、バカだな・・・言わなきゃ良かった・・・何も身内の恥をさらすことはなかったのにと

自分にうんざりして、また落ち込みました。


駅でちょっとしたお菓子を購入して、学童へ迎えに行き、こういうことがあった、と

学童の指導員の方に話をしました。とりあえず謝罪にいこうと思います、と話をしたら

ふっと、いつも面談の時に話をしてくださるベテランの指導員の方がみえて

私の顔を見て

「ね、すごくがっくりくるよね・・・・こういうことあると、もう本当にうんざりするよね」

としみじみ言ったのです。

その語り口調から、なぜかこの指導員さんもこういう事が過去にあったのだろう、と

勝手に感じて。

本当に不思議なんですがそのとき、本当に涙が出るくらい、心がすとんとして、落ち着きました。

1日中ずっともやもやもやもや、どん底にいた気持ちが、ふっと軽くなって

ああ、ここの学童でよかったなぁと。

この指導員さんは3人のお子さんをお持ちで、お子さんにも似た性質があるということを以前

おっしゃっていました。

私は、共感が欲しかったんだなぁと・・・

子供を育てていても、抱えてる悩みは皆同じではないし、

その大きさ重さ辛さは、等しくないです。

私はそのとき、つくづく、ああ、ちびさむと同じような特性をもった子のお母さんの知り合いがいたらなぁと

思いました。


ちびさむをつれて、Kちゃんのお宅へ行くと、ご主人とKちゃんしかいらっしゃらなかったのですが

ちびさむと一緒に謝って、お菓子を渡してきました。

ご主人は恐縮してなのか、そんなお菓子程度で許されるものではないと思われたのか

なかなか受け取ってくださいませんでしたが、最終的には折れて?、受け取ってくださり

もう本当にこんなことは二度とないように気をつけます、と伝えました。が、

ちびさむにどこまでそれがわかっているのか、多分またきっかけがあれば、同じような事を

繰り返すのだろうと思うと、気が重くて仕方がなく。

もういっそ、Kちゃんと遊ばないで欲しいとさえ思いました・・・


それから年始まで、あまりKちゃんと接する機会はなく、

私は少しほっとしていましたが、多分、ちびさむのほうで付き合いをセーブするような事はないと思うので

Kちゃんがご両親に言われ、ちびさむと距離をとっていたのだろうと思います。

ただ、数ヶ月経った今、普通にまたお互い家を行き来し、土日は遊んだりしています。

私もKちゃんママとは普通にLINEのやり取りをし、

懇談会では話をしたりと普通にお付き合いさせていただいています。

Kちゃんが少し大人になったのでしょう、ちびさむと距離を置いてくれるようになって

ケンカは減ったように思います・・・

Kちゃんはちーたんとも仲がよく、2人で遊ぶ分には何のトラブルもないので

このまま2人で静かに遊んでくれ、と思っています。


この話をいつもちょっとわけのわからない話をしてくださる小児精神科医の先生に報告すると

いつもと違った反応が返ってきました。

長くなったので続く。

スポンサーサイト

コメント

No title

うちも少し前に仲のいい女の子に手を出すという事が2回ありました。
一度は手に引っかき傷を作り、2度目はケガはなかったけど顔を殴ってます…

私は下の子が現在通ってる保育所で
かつての息子の担任の先生に話を聞いてもらったけど
同じく共感がほしかったんだと思います。

さむさんの投稿を読んで「あぁ、私も共感がほしかたんだな」と初めて気付きました(^ー^;)
まわりに似たようなタイプの子を持つママさんがいないので
こういう話をする相手もいなくて…

息子が手を出した子も普段仲良くしてくれてる女の子ですが
相手の親御さんには「今は問題なくても男の子はそのうち力も強くなってくるので…」と言われました。

決して怒ってるわけではなく、
2人が仲良くしてる事は理解してる上での言葉だったのでとても重かったです。

でもきっと息子はまた同じような問題を起こすと思います。
きちんと指導する事はもちろん伝えましたが
何を言ってもそう簡単に治るものではないので
子供の気持ちを無視して言うと「一緒に遊ばないでほしい」とすら思ったりもします。

たまたまやってしまったというだけなら平謝りで済むのかもしれないけど
頭ではわかってても衝動は抑えられないので悩む…
ほんとにむずかしい問題ですね。

No title

初めまして。ゆってぃと申します。
発達検査の結果、特に問題はないけれども、衝動性を持つ息子を育てています。

衝動を抑える対策、うちで効果があったのは、指にマークを書いて、ことあるごとにそれを見る「おまじない」でした。
スポーツ選手とかもミサンガとか、帽子にマークを入れるとかで心を落ち着かせるのだそうですよ。

それが、効果があったから、今は本当に落ち着いていますが、息子が問題を起こして謝罪するお気持ち、本当によくわかります。
たまたま連絡取ってたお母さんに「うちもよくあったよ~」なんて言われて、どれだけ救われたか・・・。

とても共感したので、思わずコメントしてしまいましたが、また、来ますね。

No title

>みらいさん

そうなんですよね・・・
>何を言ってもそう簡単に治るものではないので
子供の気持ちを無視して言うと「一緒に遊ばないでほしい」とすら思ったりもします。

ほんとそれなんですよね、大人の勝手な願いで申し訳ないけど・・・
せめて相手が男の子ならまだなぁと思ったり。
最近は落ち着いている感じなんですが、波があるので、成長して治まったものとは期待しないようにしてます。

私の周囲もそうそうこんな悩みを持つお母さまっていなくって、孤独です。
息子は通級にいってますが、そこのお母様方で集まりがあるようなので、会社休んで足を運んで知り合いを増やしたいなと思ったりしています・・・
また休みもなかなかとれなかったりするんですけどね・・・

>ゆってぃさん
コメントありがとうございます。
指にマークをつける、いいですね。

筆箱の中身をしょっちゅう忘れるので、一時期目立つ色の付箋紙を貼って書いてたんですが、それと似たものなのかなーと思いました。
息子は視覚優位なので、効果ありそうです。
最近落ち着いているのですが、また何かしら起きたらやってみようと思います。
ありがとうございました!

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

someandu

Author:someandu
ずぼら母の成長記録と子供たちの育児記録。2009年9月に息子を出産(多動BOY☆)、2013年1月に娘を出産しました。現在フルタイム兼業。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

カテゴリ

お便りなどこちら

メールお待ちしてます♪

リンク

検索フォーム